日本代表27人のリストに中国メディア注目 母国との差を分析「この現実は残酷だ」

日本代表27人のリストに中国メディアが注目【写真:Getty Images】
日本代表27人のリストに中国メディアが注目【写真:Getty Images】

日本代表のメンバー発表を受けて、中国メディアが母国代表との差を指摘

 日本サッカー協会は18日に記者会見を開き、30日に行われる国際親善試合ガーナ戦の招集メンバー27人を発表した。FW岡崎慎司(レスター・シティ)が昨年9月以来、MF香川真司(ドルトムント)が昨年10月以来の代表復帰を果たした一方、注目の若手FW中島翔哉(ポルティモネンセ)が落選している。そんななか中国メディア「中原網」は、日本代表と中国代表の違いに着目しつつ、中国がワールドカップ(W杯)出場を逃した原因を分析。「この現実は残酷だ」と報じている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 6月のロシアW杯に向けて、日本代表は国内壮行試合となるガーナ戦(30日)に向けたメンバー27人を発表。31日に大会最終メンバー23人が決まる予定となっている。そんななか、「中国と日本の違いはどこにあるのか?」と分析しているのが、中国メディア「中原網」だ。

 日本代表はバヒド・ハリルホジッチ監督を電撃解任し、西野朗監督が就任。6月19日にロシアW杯初戦のコロンビア戦を控えるなか、30日のガーナ戦で西野ジャパン初陣という厳しい状況に置かれている。ハリル前監督の解任に加え、メンバー選考を巡って様々な議論も噴出するなど、日本代表は大きく揺れているのが実情だ。

 だが同記事では、そうした日本代表を比較対象に、「実際、中国サッカーは、日本に比べて多くの問題を抱えている」と指摘。なぜ中国が日本に後れを取り、W杯出場を逃したのか分析している。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング