バルサ“無敗優勝”消滅に「腹立たしい」「理解に苦しむ」 監督&イニエスタが嘆き節

バルセロナは、レバンテに大敗を喫し無敗優勝が消滅した【写真:Getty Images】
バルセロナは、レバンテに大敗を喫し無敗優勝が消滅した【写真:Getty Images】

伏兵レバンテに4-5敗戦 バルベルデ監督「クレイジーな10分間で勝負はついた」

 バルセロナは現地時間13日に行われたリーガ第37節レバンテ戦で4-5と敗れ、今季の無敗優勝の可能性が潰えるとともに、昨季から続いていたリーグ戦の連続無敗記録も「43」でストップした。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 英紙「サンデー・エクスプレス」によれば、エルネスト・バルベルデ監督は試合後、今季の無敗優勝の可能性が潰えたことについて「シーズンを無敗で終えられず、非常に腹立たしい」と憤りを表したが、「それについて、くよくよと悩むことはない。前を向かなければならない」と語った。

 派手な打ち合いとなった試合に関しては、「相手の素晴らしいフィニッシュで、とても興味深い試合だった。我々の対応は良かった。攻めていたし、点を奪い返し、同点になるチャンスだってあった」としたものの、「試合は相手のカウンターアタックで決まった。特に後半、3失点を喫したクレイジーな10分間で勝負はついた」と、後半1分の3失点目から、同4分、11分とわずか10分間で喫した3連続失点を悔やんだ。

 5ゴールを奪ったレバンテについては、「彼らの迫力とゴール前での正確さを考えると、今日の対戦相手は現時点でリーグトップのチームだろう。今日だけではない。レガネス戦のような他の試合でもそうだった」と分析。さらに「彼らは緊張から解放されて、とてもリラックスしてプレーしていた。我々の今季の成績を考えて、5失点は普通ではないが、彼らの成し遂げたことを認めなければならない」と話した。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング