韓国代表、W杯メンバー候補28名を発表 “韓国のメッシ”イ・スンウがサプライズ選出!

イ・スンウがサプライズ選出【写真:Getty Images】
イ・スンウがサプライズ選出【写真:Getty Images】

エースのソン・フンミンら主力が順当に選出されるなか、3選手を“抜擢選出”

 韓国サッカー協会(KFA)が14日、6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)の代表候補メンバー28人を発表した。シン・テヨン監督は当初、最終メンバー23人を発表する予定だったが、怪我人が続出したことで、28人の発表に踏み切った。

【PR】DAZNでサッカーを楽しもう!初月の無料期間でまずは体験!

 メンバーの顔触れはこれまでのW杯アジア最終予選や親善試合を戦ってきた主軸が中心。エースのFWソン・フンミン(トットナム)、キャプテンのMFキ・ソンヨン(スウォンジー)はもちろん、Jリーグからはキム・スンギュ(ヴィッセル神戸)、キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)、DFチョン・スンヒョン(サガン鳥栖)、チャン・ヒョンス(FC東京)、MFチョン・ウヨン(ヴィッセル神戸)の5人が選出された。

 そして今回の注目は、MFイ・スンウ(ヴェローナ)、MFムン・ソンミン(仁川ユナイテッド)、DFオ・バンソク(済州ユナイテッド)という3人の“サプライズ選出”だ。

 代表初選出のDFオ・バンソクは、主力のCBキム・ミンジェ(全北現代)が負傷で回復が見込めず、その代役となる。シン・テヨン監督は「ビルドアップに問題があり、これまで代表に呼ばなかったが、身体能力やフィジカルは強い選手」と語る。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング