「イタリア代表新監督」は“本命”拒否で混迷 マンチーニ&ラニエリが最有力候補に浮上

イタリア代表新監督の最有力候補に、(左から)マンチーニ&ラニエリが浮上した【写真:Getty Images】
イタリア代表新監督の最有力候補に、(左から)マンチーニ&ラニエリが浮上した【写真:Getty Images】

就任に近づいているとされたアンチェロッティ氏が断りを入れる

 イタリア代表新監督の最有力候補となっていたバイエルン・ミュンヘン前監督のカルロ・アンチェロッティ氏だが、29日付の各イタリアメディアがオファー拒否と報道。そのため新監督選びは、ロベルト・マンチーニ氏とクラウディオ・ラニエリ氏が最有力候補に浮上したようだ。

【PR】DAZNでサッカーを楽しもう!初月の無料期間でまずは体験!

 今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループGで、イタリアは同組のスペインに1位の座を奪われ2位で終了。そして迎えた本大会の出場権を賭けたプレーオフでは、スウェーデンに2戦合計0-1とまさかの敗戦を喫し、1958年スウェーデン大会以来となる60年ぶりの予選落ちを経験した。その後、指揮官だったジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督を解任。再建へ向けて、新たな指揮官を模索していた。

 そんななかファーストチョイスとなったのが、以前にチェルシーやレアル・マドリードを率いていたアンチェロッティ氏だった。しかし会談の後、すでにイタリア代表監督の仕事を望んでいないことを伝え、交渉は決裂したようだ。

 そして新たに新監督候補としてリストアップされたのが、現在ロシアのゼニト・サンクトペテルブルクを率いるマンチーニ監督と、フランスのナントを率いているラニエリ監督だと、イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じている。

 アンチェロッティ監督は、内部の政治や現チェルシーで元イタリア代表監督のアントニオ・コンテ氏より安い給与(年俸400万ユーロ/約5億3000万円)を考えて断ったとしているが、この二人はその条件を承認して代表監督の座に就くのか。イタリアサッカー協会は、週末までに決定を下すことを望んでいると伝えている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング