ファン・ハール監督、就任1年目を振り返る 「ここは生活がフットボール」

刺激的なサッカーの母国での生活

 マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、プレミアリーグ1年目の指揮を終え、重要な改善点を指摘している。
 クラブの公式番組「MUTV」に登場したオランダ人指揮官は、イングランド就任初年度を振り返って、意外なところに不満を漏らした。
「ポジティブなことと、ネガティブなことが言える。まずはネガティブなところから始めようか。選手が着替えをする設備がほとんどのスタジアムでかなりよろしくない。監督用のスペースも同様で、多くの場合、私はトイレに座っている。用を足すために座っているのではない。なぜな ら他に場所がないのだ。これは個人的には驚きだった」
 敵地では、トイレにこもっている衝撃の事実を明らかにする。プレミアリーグのスタジアムの多くの歴史と伝統をたたえているが、施設面も旧式で、ロッカールームも改善の余地は大きいという。
 その一方で、歴史の深いクラブを支えるサポーターの熱意には感動を禁じ得ない様子だった。
人々の心に根付いているフットボールのあり方は信じられないほど。これは予想通りだった。イングランドでいることができて最高だ。彼らはフットボールとともに生きている。フットボールは生活で、生活こそがフットボール。ドイツでもこうではない。スペインもそうだが、ここは信じられない」
 序盤の連敗時に、オールド・トラッフ ォードで試合前に拍手喝采で迎え入れられたことを常々感動とともに振り返る指揮官。イングランドのフットボールライフを堪能している様子だ。今季4位に入り、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を手に入れた戦略家は歓喜の勝利で、サポーターへの恩を返すつもりだ。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング