Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

各国代表大会  |  海外リーグ

2017.10.13 (Fri)

神の手弾や韓国の疑惑判定に並び… パナマの“ゴースト弾”「伝説の大誤審」に不名誉選出


北中米カリブ海予選パナマのゴーストゴール騒動で波紋 スペイン紙が伝説の誤審を特集

 

 ロシア・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海予選で波乱が起きた。10月10日に行われた最終予選最終節で、アメリカが敗れて予選敗退となった一方、パナマが悲願の本大会出場を決めた。パナマはコスタリカ相手に2-1勝利を飾ったが、この試合でゴールラインを割っていなかった一撃がゴールとして認められる「ゴーストゴール騒動」で波紋を広げた。

 

 スペインメディアではW杯における数々の誤審を特集。神の手弾や日韓共催W杯で韓国代表の躍進を後押しした疑惑の判定などに並ぶ、伝説の大誤審に不名誉な選出を果たしてしまった。

 

「パナマのゴーストゴールは、マラドーナとアンリのW杯最大のパロディに加わった」と特集したのはスペイン地元紙「マルカ」だった。

 

 最終節キックオフ前の時点で、パナマの順位は4位。W杯出場権獲得を意味する3位浮上にはパナマの勝利と、3位アメリカの敗戦が条件だった。アメリカが敵地で最下位トリニダード・トバゴに1-2でよもやの敗戦を喫した一方、パナマはすでにW杯出場権を得ていたコスタリカをホームに迎え、2-1の逆転勝利を飾った。

 

 この試合で疑惑のゴールが生まれたのは0-1で迎えた後半8分だ。劣勢のパナマが右CKを得ると、ニアサイドで両軍誰も触れずにファーサイドにクロスが流れる。FWペレスが相手DFと交錯しながら顔でボールを押し込もうとしたが、倒れこんだDFの足に阻まれ、ゴールラインは割らずにボールはゴール横にこぼれた。

 

 最終的に紙一重でクリアされたはずがゴール判定となり、コスタリカの猛抗議も実らず大誤審が生まれた。“ゴーストゴール”で勢い付いたパナマは逆転に成功。結果的にアメリカは本大会出場権を逃すとばっちりを食う羽目になった。

 

 

 

1 2 3 4

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト