Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内

2017.02.06 (Mon)

元日本代表GK権田がJ1鳥栖に電撃加入! 1月にFC東京と契約解除、欧州で移籍模索も


「1月末まで欧州で所属クラブを探します」と語っていた権田

 

 J1のサガン鳥栖は6日、オーストリアのSVホルンへ期限付き移籍していた元日本代表GK権田修一の加入を正式発表した。権田は1月14日、FC東京とホルンの両者合意のもとで契約を解除していた。

 

 現在27歳の権田はFC東京の下部組織出身で、2007年にトップチームに昇格。09年にデビュー後、J1リーグ183試合、J2リーグ20試合に出場し、12年ロンドン五輪代表の正GKとしても活躍した。15年7月にオーバートレーニング症候群を発症し戦列離脱したが、16年1月からオーストリアのSVホルンに期限付き移籍していた。

 

 1月の契約解除時に権田は自身のツイッターを更新し、「今は何も決まっていない状況で1月末まで欧州で所属クラブを探します」と理由を記、「自分で決めた道を信じて進みたいと思います!」と力強く決意表明をしていたが、鳥栖に加入する運びとなった。

 

 権田は鳥栖の公式サイトを通じて「サガン鳥栖に加入する事になりました、権田修一です。チームの発展、成長、勝利のために精一杯頑張ります。よろしくお願いします」とコメントしている。

 

 鳥栖では、昨季まで守護神としてフル稼働していた日本代表GK林彰洋が今オフにFC東京へ移籍。アルベルト・ザッケローニ監督時代から長く日本代表に招集されてきた本格派GKが加わり、その穴を埋める形になりそうだ。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト