マンUが55億円でスウェーデンの新星CB獲得へ 「彼はホットな選手」と“先輩”イブラも太鼓判

ベンフィカの22歳DFリンデロフに白羽の矢

 マンチェスター・ユナイテッドは層の薄いCBの強化に向け、ベンフィカのスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフの獲得に動いていることが分かった。同胞のFWズラタン・イブラヒモビッチも「彼は移籍マーケットでホットな選手」と、太鼓判を押す実力者のプレミアリーグ参戦の時が近づいているようだ。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 ユナイテッドは今夏に獲得したコートジボワール代表DFエリック・バイリーがすぐさまレギュラーに定着したが、現在は負傷中。さらに1月にはアフリカ・ネーションズカップで離脱する可能性もある。そしてイングランド代表DFクリス・スモーリングやDFフィル・ジョーンズも負傷を抱えているため、冬の移籍市場で補強に動くと噂されていた。

 そのトップターゲットとなるのが、ベンフィカでブレークしている22歳のリンデロフだ。身長187センチの恵まれた体格を持つ屈強なCBは、2015年に行われたU-21欧州選手権(EURO)の優勝メンバー。今年1月にベンフィカでトップデビューを果たしたばかりだが、スウェーデン代表として今夏のEURO2016にも参戦し、3試合に出場した。

 レポートによれば、ユナイテッドは移籍金3800万ポンド(約55億円)での獲得に向け、すでに交渉を開始しているという。期待の大きさがその移籍金の高さに表れており、代表の同僚で、クラブで再会を果たす可能性のあるイブラヒモビッチはリンデロフの急成長ぶりを高く評価している。

 

page1 page2

ランキング