「何を止まっているのかなと」 ビデオ判定に昌子らは一時困惑も「あれがPKになったら…」と冷静に対処

最新テクノロジーの判定に「つかむとすぐに取られると、みんなに伝えた」

 鹿島アントラーズは14日にFIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)準決勝でアトレティコ・ナシオナルと対戦し、3-0で勝利を収めた。この試合ではFIFA主催試合で初めて導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定で鹿島が先制PKを得たが、体を張った守備で無失点での勝利に大きく貢献した日本代表DF昌子源は、この最新テクノロジーが鹿島守備陣に大きな影響を及ぼしたと主張している。

 歴史的な瞬間は前半30分に訪れた。直前に鹿島の攻撃で得たセットプレーのシーンでDF西大伍がエリア内で倒されたプレーがVARの判定の対象となり、試合が一時中断。映像を確認した主審はピッチに戻るとペナルティースポットを指さし、鹿島にPKが与えられた。昌子も「何を止まっているのかなと思っていた」と話しているように、ピッチ上の選手も一時困惑したという。

 このPKをFW土居聖真が冷静に決めて鹿島が貴重な先制点を奪った。しかし、Jリーグ王者の鹿島はこれで浮き足立つことはなかった。

「あれがPKになったらこっちも取られる可能性が高い。うちも慎重さがあったから、つかむとすぐに取られると、みんなに伝えた。反対側のスローインだったから、誰がなんかしたのかなと(思った)」

【関連】2017年「Jリーグ年間日程」&「ACL・天皇杯・各代表日程」

【関連】 J1・J2リーグ「退団・戦力外選手&新加入選手」

 

page1 page2

ランキング