今季リーグ初得点のレスター岡崎、英メディアでトップタイの高評価! 「ゴールは見事だった」

約1カ月ぶりのクリスタル・パレス戦先発で見事な一発回答

 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は22日のクリスタル・パレス戦で決勝点となる今季初ゴールに加え、先制点に絡む動きを見せるなど獅子奮迅の活躍を見せ、英地元メディアからチームトップタイ評価を与えられ、マン・オブ・ザ・マッチの候補にも選出された。

 岡崎は0-0で迎えた前半41分、岡崎らしい中央の粘りからFWスリマニがつなぎ、最後はMFムサが強烈なミドルシュートを決めてレスターが先制に成功した。

 そして、1-0で迎えた後半18分に待望の瞬間が訪れる。岡崎も絡んだ左サイドからの展開で、MFドリンクウォーターにパスがつながると、中央へクロスを供給。相手DFにスライディングで弾かれたが、絶妙のタイミングでペナルティーエリアに入り込んだ岡崎が右足ダイレクトのシュートでニアサイドをぶち破った。

 その後に両軍1点ずつを加えて、3-1でタイムアップ。レスターがリーグ戦4試合ぶりの勝利を手にした。

 

page1 page2

ランキング