Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

日本代表  |  海外リーグ

2016.08.22 (Mon)

悲願の五輪優勝のネイマールが金メダルモード! 髪をゴールドに染め、記念タトゥーも披露


優勝後はブラジル男子バレー決勝を応援

 

 リオデジャネイロ五輪で悲願のブラジルサッカー初の金メダル獲得に貢献したブラジル代表FWネイマールが母国ブラジルの男子バレーボール決勝のスタンドに登場。応援団として母国の優勝の後押しをするなど、母国の祭典を最後に満喫した。

 

 ネイマールは昨季終了後にオフシーズンの南米選手権と地元開催のリオ五輪双方でブラジル代表のエースとして期待されたが、所属のバルセロナとブラジルサッカー連盟による協議の末に五輪への出場が決まった。それだけ、自国開催の五輪でブラジルサッカー史上初の金メダルを求める声は大きく、中心選手として期待を一身に集めてプレーした。

 

 聖地マラカナン競技場でPK戦の末にドイツを撃破したブラジルで、最後のキッカーとして登場して冷静にシュートを成功させたネイマールはピッチ上で号泣した。そして、ブラジル代表キャプテンの座を退く意向を発表したスーパースターはイタリアとの決勝戦を戦ったブラジルの男子バレーボール決勝のスタンドに向かった。

 

 強豪イタリアを相手に3-0でストレート勝ちしたセレソンの試合を観戦し、スタンドで大興奮状態だった。「チャンピオンが帰ってきた」の大合唱となったアリーナでブラジル7つ目の金メダルを目撃するなど、最後に母国の五輪を堪能した様子は、ブラジル地元テレビ局「スポルTV」などがスーパースターの狂喜乱舞の姿をカメラに収めていた。

 

 喜びはひとしおの様子のネイマールはガブリエル・バルボサ、ガブリエル・ジェズスの3トップとともに黒髪をメダルの色と同じゴールドに染め上げた。そして、左手首にはリオ五輪のタトゥーを刻み込むなど心身ともに金メダルモードになっている様子だ。

 

 一方、その間にバルセロナはリーガ開幕ベティス戦で6-2の勝利を飾った。リオネル・メッシが2得点1アシスト、ルイス・スアレスがハットトリックを決めるなど、看板3トップ「MSN」の2人が獅子奮迅の活躍を見せている。ネイマールは五輪金メダルを手土産に、チームに合流することになる。

 

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト