「縦オンリー」のハリル式に風穴を空けることができるか ポスト遠藤・柴崎に託される使命とは

13日のイラン戦で先発濃厚 「いつも前に行く必要はない」

 日本代表MF柴崎岳(鹿島)が現在のハリルジャパンに欠けている「ゲームメーク能力」でバヒド・ハリルホジッチ監督に猛烈アピールを狙う。
 10日のテヘランでのイラン上陸後、初練習を終えた柴崎は13日の親善試合イラン戦に向けた意気込みを語った。ハリル体制で継続招集されているが、9月のワールドカップ(W杯)2次予選カンボジア戦、アフガニスタン戦では出番がなかった。ハリルホジッチ監督にこの試合のキーマン5人の1人に挙げられた柴崎は先発出場の可能性が高まっている。
「(試合に)出たらね。しっかりと親善試合とはいえ結果を求めて(やっていきたい)。チームとして一丸とまとまってますし、個人的にも代表の試合に最近絡んでいないので、自分自身のプレーを示したい。それがチームのために生かせればいい。自分が入ったり他の選手が入ればゲームの展開も変わる。攻撃的にゲームメークしたいなと思います。自分の特徴として、もっともっと前に絡む。中盤から前のプレーを出していきたいというイメージは持ってやっています」

page1 page2

ランキング