プレミアリーグ「最強守護神」は? 無失点試合数で4人が上位争い、現在トップは…

(左から)ニック・ポープ、デ・ヘア、エデルソン、チェフ【写真:Getty Images】
(左から)ニック・ポープ、デ・ヘア、エデルソン、チェフ【写真:Getty Images】

無失点試合が多いGKに贈られる「ゴールデン・グローブ賞」の行方を現地メディア特集

 今季のプレミアリーグ最強守護神は一体誰になるのだろうか。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」はシーズンで最もクリーンシート(無失点試合)が多かったゴールキーパーに贈られる「ゴールデン・グローブ賞」の動向を特集。現時点ではマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアがポールポジションに付けているようだ。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することをご存知ですか?

 2004-05シーズンから設けられたこの賞では、過去にアーセナルのチェコ代表GKペトル・チェフ(チェルシーで3度、アーセナルで1度)とウェストハムのイングランド代表GKジョー・ハート(マンチェスター・シティで4度)が最多4度の受賞を誇る。受賞者のクリーンシート回数は2004-05シーズンにチェフが記録した24回が最多だ。

 昨季はクリーンシート16回でチェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワが初受賞していた。今季ここまでトップに立つのは“赤い悪魔”のゴールマウスを守るデ・ヘアだ。昨季のクルトワに並ぶ16度の零封を成し遂げている。

 2位はマンチェスター・シティのブラジル代表GKエデルソン・モラレスで14回。トットナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスとチェルシーのクルトワも13回で続く。そして3月にイングランド代表初招集を受けたバーンリーのGKニック・ポープ、最多受賞を誇るアーセナルのチェフまでが二桁の10回を記録している。

 残り試合数を考えればデ・ヘア、エデルソン、ロリス、クルトワの4人の争いとなることが濃厚だ。クルトワ以外ならいずれも初受賞となる。

 個人賞では得点ランキングやリーグMVPばかりに目が行きがちだが、チームの最後の砦であるGKを称えるこのタイトルの行方も注目だ。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング