マインツ武藤、プレミア移籍の噂が浮上 古豪ニューカッスルが興味と独誌報道

マインツ武藤、プレミア移籍の噂が浮上【写真:Getty Images】
マインツ武藤、プレミア移籍の噂が浮上【写真:Getty Images】

移籍金は3.7億円以上と「キッカー」誌は推測

 ドイツ挑戦3年目を迎えたマインツのFW武藤嘉紀に、プレミアリーグ移籍の噂が浮上。興味を示す複数クラブの一つがニューカッスルだという。ドイツ誌「キッカー」が報じた。

 武藤は2014年に慶応大在学のままFC東京入り。プロ入り1年目からJ1で33試合13得点の好成績を残した。翌シーズンも序盤戦から得点を量産し、デビューから2年連続で二桁得点をマーク。2015年5月にマインツと4年契約を結んだ。

 今季でドイツ挑戦は3年目を迎えるが、現在は今冬の移籍市場で獲得したナイジェリア代表FWアンソニー・ウジャーの後塵を拝し、ベンチスタートに回っている状況。2017年10月を最後に、日本代表からも遠ざかっている。

 そんな25歳のアタッカーの去就について報じたのは、ドイツ誌「キッカー」だった。

「ムトウは今夏、プレミアリーグへの移籍を計画している。いくつか興味を持つクラブがあり、ニューカッスルは25歳を見守っている」

 記事では、今季からプレミアリーグに復活し、過去には元イングランド代表FWアラン・シアラーも在籍した古豪のニューカッスルが候補の一つに挙げられている。また、武藤の契約は2019年までで、移籍金はマインツに加入した際の280万ユーロ(約3億7000万円)より高額になるだろうと推測している。

 ロシア・ワールドカップのメンバーに入るか入らないかで状況は大きく変わる可能性が高いが、武藤の去就話は今後熱を帯びていきそうだ。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング