小野伸二の何気ない“セクシートラップ”をJ公式が公開 ファン熱狂「見る者を惹きつける」

開幕戦の試合前に見せた華麗な足技をツイッターにアップ

 北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二は、18歳でA代表デビューを果たし1998年フランス・ワールドカップ出場を果たすなど、世界を舞台に輝きを放ってきた言わずと知れた“天才司令塔”だ。その卓越したテクニックとサッカーセンスは、38歳となった今もまったく錆びついていない。Jリーグ公式ツイッターは、開幕戦の試合前に起こったあるワンシーンの動画を公開。ファンから「何気なくセクシー」「見る者を惹きつける」と称賛の声が上がっている。


Jリーグ、海外サッカーだけじゃない!野球・テニス・ゴルフ・バスケ・F1・ダーツ…様々なスポーツの本拠地がここに!

 今季ミハイロ・ペトロヴィッチ新監督を迎えた札幌は、2月24日のシーズン初戦で指揮官の古巣であるサンフレッチェ広島と対戦。タイ代表FWティーラシンにヘディングシュートを決められて追いかける展開となったなか、小野は後半26分にMF深井一希に代わって途中出場。意識的に前線へボールを供給したが、チャンスを作るには至らず0-1で敗れた。

 開幕戦黒星スタートとなったなか、Jリーグ公式ツイッターは3月2日に「#小野伸二選手の何気無く見せたトラップ‼」と題して一本の動画を更新。そこには開幕戦の試合前に、ウォーミングアップする小野の姿が捉えられている。対面から飛んできたロングボールを右足アウトサイドからヒールにかけての箇所でトラップ。巧みに勢いを殺すと、そのまま左足でボールを浮き上がらせ、ダイレクトで前方に蹴り返した。

 時間にして約2秒、わずか3タッチ。しかし、“神トラップ”を含めてなんなくこなしてしまうところに小野の凄みが凝縮されている。投稿のコメント欄には、「何気なくセクシーにボールを操る それが小野伸二」「この人のプレーは、見る人を惹きつける‼」「重心が全くぶれてない。凄い」「天才」と魅了されたファンからのメッセージが届いた。

 今年9月には39歳の誕生日を迎えるが、まだまだ見る者を楽しませてくれそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images



page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング