バルサとディズニーが夢のコラボ!? 「アニメ映画の構想」で接触とスペイン紙報道

世界的な人気を誇る両者、担当者が北米で交渉と報じられる

 バルセロナは今シーズン、リーガ・エスパニョーラで開幕から21試合連続無敗で首位と好調をキープしている。その強さとともにエースFWリオネル・メッシら各国スーパースターを抱えて世界的な人気を誇るが、あの“ディズニー”とタッグを組むかもしれないと、スペイン紙「AS」などが報じている。

 今季エルネスト・バルベルデ監督を迎え入れたバルサは、開幕前にFWネイマールをパリ・サンジェルマン(PSG)に放出したものの、そこで得た移籍金2億2200万ユーロ(約300億円)を元手にMFパウリーニョ、FWウスマン・デンベレらを獲得。また冬の移籍市場ではMFフィリペ・コウチーニョの獲得に成功するなど強化に余念がない。その陣容は世界随一のものだが、ピッチ外の部分でも強力な援軍を得ようとしている。

 バルセロナのラジオ局「RAC1」に出演したジャーナリストの話によると、「バルサとピクサーの担当者間で接触があった。彼らは北米の担当者と交渉を行ったんだ。それはバルサの歴史ではなく、バルサを主人公としたアニメーション映画の構想のようだ」と語っている。

 ピクサーと言えばウォルト・ディズニー関連の映画を制作する会社で、「トイ・ストーリー」や「カーズ」、「ファインディング・ニモ」など、数々の世界的ヒット作品を世に送り出したことで有名だ。じつはバルサ側もディズニーに興味を持っていたようで、サルフォード大学でスポーツ経営学を教えるサイモン・チャドウィック教授は、ツイッター上で「バルサは10年以上にわたってディズニーに注目してきた」と記し、こうも説明している。

 

page1 page2

ランキング