バルサで「新たなゴースト・ゴール」? FWスアレス、高難度の美技がノーゴール判定

バルサFWスアレスが渾身のラボーナ、ゴールラインを超えたかに思われたが…

 バルセロナでまたも幻のゴールが生まれた。現地時間17日の本拠地デポルティボ・ラ・コルーニャ戦(4-0)でウルグアイ代表FWルイス・スアレスの放った渾身のラボーナ(軸足の後ろに蹴り足を交差させてキック)はゴールラインを超えたかに思われたが、ノーゴール判定。スペインメディアは「新たなゴースト・ゴール」と報じている。

 バルセロナは前半19分にスアレス、同41分にブラジル代表MFパウリーニョがゴールを決めて2-0のリードを奪った。そして迎えた同44分に問題のシーンが起こった。

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがスアレスとのワンツーでペナルティーエリア左に侵入し、クロスを供給。ここへ走り込んだスアレスは、シュートが一度DFにブロックされるも、こぼれ球を拾って難易度の高いラボーナでゴールを狙った。シュートは空中でGKに掻き出されたが、すでにゴールラインを越えていたのではとマテウ・ラオス主審の判定が議論を呼んでいる。

 スペイン紙「スポルト」は「新たなゴースト(幻)・ゴール」との見出しで報じている。掲載されたシュートシーンを横から捉えた写真では、ボールは明らかにラインを越えているように見えている。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング