新スピードスター伊東は中国戦でより輝く!? 先発出場に意欲「持ち味はもっと出せる」

代表デビューを飾った中国戦は結果を出せず 「常に1対2の状況になってしまった」

 柏レイソルが誇る新スピードスター“IJ”ことFW伊東純也は、バヒド・ハリルホジッチ体制の日本代表定着へ抜け出せるか――。9日に行われたE-1サッカー選手権・北朝鮮戦(1-0)で代表初キャップを刻んだ伊東。試合後の会見で指揮官から名指しで称賛された数少ない存在だが、自らのストロングポイントである俊足を、マルチェロ・リッピ監督率いる12日の中国戦でこそいっそう発揮できると考えている。

「チャンスには少し絡めたので。全然ダメってわけじゃないけど……仕掛ける部分の意識は出せたかなと」

 北朝鮮戦の出来について聞かれた24歳は、こう切り出した。0-0で迎えた後半11分にMF高萩洋次郎(FC東京)に代わって送り出されると、主戦場の右サイドを任される。ボールを持った際の仕掛けによって、それまで停滞していた攻撃にリズムを与えた。もっとも、本人は「とはいえ、結果は出していないので」と口にし、こう続けている。

「相手が引いていたんで、(相手マーカーと)常に1対2の状況になってしまったのは難しかったです。そこでも打開できればいいんですが」

 

page1 page2

トレンド

ランキング