ハリル監督が不在を嘆いた“選手タイプ”とは? 北朝鮮戦でJリーガーの課題を次々指摘

ハリル監督は「プレースピードが遅い」と指摘、日本の具体的な問題点を挙げていく

 日本代表は9日にE-1選手権初戦で北朝鮮代表と対戦し、後半アディショナルタイム3分にMF井手口陽介(ガンバ大阪)のミドルシュートで1-0と辛勝した。バヒド・ハリルホジッチ監督は「あまりにも未熟」と内容に不満を漏らしつつ、ある選手と同じタイプが不在だったと嘆いている。

 序盤の日本はボールを保持して主導権を握ったかに思われたが、徐々に北朝鮮が盛り返して五分五分の展開となり、何度もピンチを招いた。この日がA代表デビューとなったGK中村航輔(柏レイソル)が再三ビッグセーブを見せて事なきを得たが、日本は終盤まで苦戦。最終的に井手口の決勝弾で勝利を手にしたが、負けても不思議ではない展開だった。

 ハリル監督は「彼らが一緒にプレーするというのは本日が初めて」と前置きしつつ、Jリーガーの課題を次々と指摘。総じて「今日の代表はプレースピードが遅かった」と口にしつつ、具体的な問題点を挙げていく。

「不運なことに、JリーグのFWは背後でボールをもうら動きに慣れていない」と言及。「特に最前線の選手たちのプレーがあまり効果的ではなく、相手DFの良さを目立たせる結果になってしまった。前線の選手が引いてきて足元でもらうプレーが多かった」と振り返る。

 また、「例えば日本は横パスが多い」と口にし、「選手たちにはダイレクトプレー、ダイアゴナルパスを出すようにと要求していた」というが、思ったような改善は見られなかったという。

 

page1 page2

トレンド

ランキング