サッカー界“元祖・怪物”が偉大さ証明 誕生日に祝福の嵐「世界最高の一人」「魔法使い」

ロナウドが22日に41歳の誕生日、古巣クラブやリーグが祝福メッセージや動画を投稿

 ブラジル代表やレアル・マドリードなどでエースFWとして活躍し、「怪物」の異名を取ったロナウド氏が現地時間9月22日に41歳の誕生日を迎えた。それを受け、古巣クラブやリーグがSNS上に祝福のメッセージや動画を投稿し、改めてその偉大さを示している。

 ロナウドは16歳でブラジルのクルゼイロに加入。翌年にはオランダの強豪PSVアイントホーフェンにプレーの場を移した。その後は、バルセロナ、インテル、レアル・マドリード、ミランと欧州のビッグクラブを渡り歩き、最後は母国の名門コリンチャンスでキャリアを終えた。全盛期には超人的なスピードを武器にゴールを量産し、ブラジル代表としてもワールドカップ優勝、MVP、大会得点王と数々の栄誉に浴している。

 現在、サッカー界を牽引する選手たちに大きな影響を与えた怪物ストライカーは、22日に41歳の誕生日を迎えたが、過去に所属したクラブやリーグがSNS上で祝福のメッセージや当時のプレー動画を続々と公開した。

 ロナウドにとって初の欧州クラブで、2年間プレーしたPSVは公式ツイッターに「我々にとって歴代最高のプレーヤーの一人が41歳を迎えた。ロナウド・ルイス・ナザーリオ・デ・リマだ。おめでとう、フェノメノ(怪物)!」と、若かりし頃のプレー動画とともに投稿した。

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング