史上最高額の130億円超え確実!? PSGがモナコ18歳FW争奪戦に参戦か

伊メディア報道、アーセナルやレアルは125億円でムバッペ獲得へ

 今季モナコで大ブレークを果たしたフランス代表FWキリアン・ムバッペの争奪戦に、母国フランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)も参戦した模様だ。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 ムバッペは今季モナコでコロンビア代表FWラダメル・ファルカオとともに強力2トップを形成。15得点を挙げてリーグ制覇に大きく貢献した。この活躍を受け、18歳の新鋭にはすでにアーセナルとUEFAチャンピオンズリーグ2連覇を達成したレアル・マドリードが、1億ユーロ(約125億円)を超える金額を用意して、獲得に乗り出していると言われている。

 そこに、ムバッペの母国であるフランスの強豪PSGも参戦したようだ。オイルマネーで潤うPSGも1億ユーロを超えるオファーを準備しているとされ、天文学な金額でのマネーゲームが勃発する可能性が高いという。

 これまでの移籍金最高額は、昨オフにユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したフランス代表MFポール・ポグバの1億500万ユーロ(約130億円)だが、ムバッペの移籍が成立する場合、新記録の誕生は確実な情勢だ。

 ムバッペの高額移籍に関しては、フランス代表のディディエ・デシャン監督や元同代表ストライカーのダビド・トレセゲ氏が懸念を表明し続けてきた。しかし、モナコにとっては千載一遇のビジネスチャンスであるのも事実だ。

 今をときめく新鋭FWはどこに新天地を求めるのか。そして、札束飛び交う“空中戦”の結末は――。ムバッペを巡る争いから目が離せない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング