インテル長友の連続先発出場6でストップか? 今季リーグ最終節はベンチスタート予想

今季ラストマッチとなる本拠地ウディネーゼ戦、伊紙の左SB予想先発はサントン

 インテルの日本代表DF長友佑都は、連続スタメンの流れがシーズン最後に途切れる模様だ。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

 インテルは今季リーグ最終節で、本拠地にウディネーゼを迎え撃つ。これまで6試合連続スタメン出場の長友だが、このラストゲームでは左サイドバックにDFダビデ・サントンが起用されると報じられた。

 長友スタメン起用の流れが始まった32節ミラン戦は引き分けたが、その後4連敗。長友はナポリ戦で相手の決勝ゴールをアシストするクリアミスもあり、さらにはツイッターでサポーターの批判に対して持論を展開したことで炎上。苦しい時期を過ごしたが、前節ラツィオ戦の勝利でトンネルを抜けていた。

 すでに来季のヨーロッパカップ戦からの脱落が決まっているため懸かるものはない最終節となるが、来季以降の契約や編成などの思惑が入り乱れるなか、残念ながら長友はベンチスタートになるようだ。

 2年の契約を残すものの、来季就任のルチアーノ・スパレッティ監督の判断次第では放出の可能性も取り沙汰されている。この試合後に合流する日本代表活動へ向けても、最終節を良い形で終えて帰国の途に就きたいところだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング