本田、ミラン電撃退団浮上! 米MLSシアトル・サウンダース移籍秒読み段階と伊メディア報じる

「本田はミランに別れを告げる」

 ACミランの日本代表FW本田圭佑が電撃退団し、米メジャーリーグサッカー(MLS)の昨季王者シアトル・サウンダースに電撃移籍する可能性が急浮上している。イタリアサッカー専門メディア「トゥットメルカートウェブ」が報じたもの。

 本田はヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の信頼を手にできず、今季リーグ戦先発出場1試合という苦境に立たされている。1月の移籍市場でもプレミアリーグのハル・シティ、LAギャラクシーなどの移籍話が浮上していたが、残留していた。

 戦力外状態の本田だが、ここに来て去就話が再燃した。記事では「本田圭佑はACミランに別れを告げることになる」とレポート。「日本人の司令塔はシアトル・サウンダースと数時間以内のうちにクローズする可能性がある」と米国上陸が秒読み段階に突入しているという。

 欧州の移籍市場は1月末で閉幕となったが、アメリカの移籍市場はまだ開いているために、このタイミングでのシアトル移籍は可能だ。ミランとは6月に契約満了となる。ミランとの契約が現段階での移籍へのネックとなるが、後半戦の山場を迎えるチームもこのタイミングでの本田流出を止める気配を見せていないという。「ロッソネリ(イタリア語で赤と黒でミランの愛称)は彼との2017年6月に満了となる契約を喜んで解消する」とクラブ側が背番号10の放出に極めて前向きな姿勢を見せていると報じられている。

 本田は欧州のサッカーでのキャリアに別れを告げるのか。去就問題が風雲急を告げてきた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング