評価急上昇のセビージャ指揮官 香川所属のドルトムントが来季新監督にリストアップか

違約金わずか1億8000万円のサンパオリ監督、バルサやアトレチコも熱視線

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが、来季の新監督候補にセビージャのホルヘ・サンパオリ監督をリストアップしていることが明らかになった。スペイン地元紙「AS」が報じている。

メッシ、C・ロナウド、ポグバら世界最高峰のプレーをチェック! スポナビライブでプレミア&リーガ全試合ライブ配信中【PR

 今季リーグ3位と好調なセビージャを牽引するアルゼンチン人の戦術家は、現在多くのクラブから関心を示される存在になっているが、ドルトムントも争奪戦に参戦した可能性が浮上しているという。サンパオリ監督はクラブと2年契約を結んでいるが、契約破棄のための違約金はわずか150万ユーロ(約1億8000万円)。 ルイス・エンリケ監督が率いるバルセロナ、ディエゴ・シメオネ監督率いるアトレチコ・マドリードの後任候補にも、その名が挙がっているという。

 ドルトムントは今季4位で、首位バイエルンとは勝ち点12も離されており、トーマス・トゥヘル監督は強化部との不仲が伝えられている。一方、セレッソ大阪復帰の決まった日本代表MF清武弘嗣はセビージャで定位置争いに勝てず、サンパオリ政権下ではベンチ要員だった。もしサンパオリ監督が来季ドルトムント監督に就任したら……トゥヘル監督の下で今季出番の少ない香川の去就にどのような影響を与えるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング