本田のミラン残留が決定 移籍市場終盤に届いたハル・シティからのオファーを拒否

検討の末に残留を決断したと伊紙が報じる

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、現地時間31日に終了した冬の移籍市場では移籍せずにチーム残留が決まったが、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が冬の移籍市場の終盤に届いたオファーを断ったことを明かしている。

 記事では、本田にオファーを送ったのはイングランド・プレミアリーグのハル・シティだという。第22節終了時点で勝ち点16、20チーム中19位と苦しみ、プレミアリーグ残留を目指した戦いが待ち受けるチームは、救世主として本田に期待してオファーを送ったとした。

 同紙は「ホンダは一考した末に、このオファーを拒絶した」とし、検討の末に残留を決断したことを明かした。

 現地メディアでは「最後の最後まで移籍を模索する」と報じられていた冬の移籍市場での本田だったが、プレミアリーグ下位に沈むクラブからのオファーは、本田にとっては渡りに船にはならなかった模様だ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング