ミラン本田、伊杯ユーベ戦の予想スタメンに入らず… 公式戦13戦連続の先発落ちが決定的

試合当日の地元紙予想でベンチスタートに

 ACミランの日本代表FW本田圭佑が、25日のイタリア杯準々決勝の敵地ユベントス戦で、公式戦13試合連続の先発落ちとなることが決定的になった。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

 試合当日の予想スタメンに、背番号10の名前はなかった。4-3-3システムで、GKはドンナルンマ。DFは右からアバーテ、サパタ、ロマニョーリ、カラブリアが並んだ。中盤は右からクツカ、ロカテッリ、ベルトラッチで、3トップは右からスソ、バッカ、ボナベントゥーラというベストな陣容となっている。

 イタリアメディアはこの一戦で、今季不動のエースに成長したスソを温存し、本田を先発で起用するという報道もあった。また、元U-21フランス代表FWエムベイェ・ニアングは噂されるプレミア勢と移籍交渉を行うため、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が遠征メンバーから外すことを明言していた。だが、本田がユベントス戦の先発のピッチに立つことはなさそうだ。

 エバートンから期限付き移籍で獲得したばかりのスペイン代表FWジェラール・デウロフェウも、いきなりベンチ入りと予想されている。ニアング残留時にはベンチ入りさえ危うくなりそうな本田だが、イタリア王者との戦いで出番は訪れるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング