「バルサで幸せ」と語るネイマール バロンドール獲得よりプレーする喜びを追求と強調

リーガ公式サイトで語る 「バロンドールのためにプレーしているわけではない」

 バルセロナのブラジル代表FWネイマールは、同僚FWリオネル・メッシ、レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドの“二大スター”に続く名手として実力を発揮しているが、バロンドール(欧州最優秀選手賞)に対する固執は全くないようだ。リーガ・エスパニョーラ公式サイトで語っている。

「僕はバルセロナで幸せだ。このチームとここでの人生にね。もちろんバロンドール獲得は自分のゴールだけど、そのために自殺をするようなことはしない。自分はハッピーになりたい。バルセロナで幸せだし、バロンドールを獲得できなくても問題はない」

 ネイマールはこう語ると、「僕はバロンドールのためにプレーしているわけではない。フットボールが好きだからプレーしているんだよ」と続けた。

 メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとの“MSN”トリオが猛威を振るうなか、ネイマールは今季リーグ戦で4得点7アシストと2人に比べれば個人の数字は伸びていない。その一方で、UEFAチャンピオンズリーグでは、トップの7アシストを記録している。

 個人タイトルよりもフットボールの楽しさを追求するブラジルの魔術師は、現在リーグ2位バルサの後半戦逆襲の起爆剤となるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

トレンド

ランキング