スーパーゴールで“クリスマスプレゼント” FC東京U-18の久保建英がパースグローリー戦で豪快弾!

久保は第1戦、第2戦でそれぞれ2ゴール 3試合5得点と強烈な存在感

 長野県で行われているJリーグインターナショナルユースカップ、FC東京U-18対パースグローリー(オーストラリア)が行われ、U-19日本代表FW久保建英は鮮烈なゴールを叩きこんだ。第1戦、第2戦でそれぞれ2ゴールを決めており、これで3試合連続ゴール。3試合5得点と強烈な存在感を放っている。

 試合立ち上がりこそ、ボールに絡むことができなかった久保だが、前半9分に目の覚めるような一撃を放つ。右サイドからのサイドチェンジを受けると、左サイド角度のないところからワントラップを入れて思い切りよく左足シュート。相手GKステフ・キングの反応が全く及ばない一撃をゴール右隅へと突き刺した。

 FC東京U-18は同13分にCKからDF坂口祥尉が追加点を挙げるなど、久保らを中心とした攻撃でオーストラリアのチームを圧倒している。

 会場となった長野市営陸上競技場にはトラックに雪が残るなど冷え込む状況の中で行われた。そのなかで久保が駆け付けたファンに対して、スーパーゴールという形で“クリスマスプレゼント”を送る形となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

トレンド

ランキング