チェルシーが怒涛の10連勝で「クリスマス首位」確定 過去4度1位で迎えたシーズンはすべて優勝

アザールを欠くもセスクの一撃でサンダーランドを破る

 プレミアリーグ首位に立つチェルシーは14日に敵地でサンダーランドに1-0と勝利。大黒柱のMFエデン・アザールを負傷で欠きながら、怒涛の10連勝を飾った。2位リバプールとの勝ち点差を6に広げ、低迷した1年前とは打って変わって、今年はクリスマスを首位で迎えることが確定した。

 チェルシーは、エースのFWジエゴ・コスタに次ぐ8得点を決めているアザールが前節ウェスト・ブロムウィッチ戦で受けたタックルにより負傷。この試合は遠征メンバーから外れた。その代わりに輝いたのが、中国やセリエAローマへの移籍が取り沙汰され始めていたMFセスク・ファブレガスだった。

 スペイン代表MFは前半40分にゴール前に持ち上がると、ペナルティエリア手前でMFウィリアンとのパス交換からインサイドキックで正確なシュートをゴール右隅へと流し込んだ。これが決勝点となって、チェルシーは怒涛の10連勝で首位の座を堅持した。

 

page1 page2

トレンド

ランキング