背信パフォーマンスの長友に伊各紙が落第点 「アスファルトで固められていた」と酷評

対面した元セルビア代表FWダンコ・ラゾビッチとの1対1で後手を踏む

 インテルの日本代表DF長友佑都は、現地時間11日の第16節、本拠地ジェノア戦でスタメンフル出場を果たした。チームは2-0の勝利を収めたが、長友はイタリア地元紙の採点で平均点以下の揃い踏み。対峙した相手に圧倒され、「アスファルトで固められた」と酷評されている。

 長友は3-4-3システムの左ウイングバックで先発。だが、対面した元セルビア代表FWダンコ・ラゾビッチに主導権をにぎられ、1対1の攻防では後手を踏んだ。

「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙は、勝利した試合で長友に落第点とも言える5点の低評価を与えた。寸評では「ラゾビッチにアスファルトで固められていた」と一刀両断。手も足も出なかったと酷評されている。

「コリエレ・デロ・スポルト」紙も長友に5点。「ムリージョとの連動性が機能せず、ボールがうまく回らなかった。だから、左サイドはジェノアが常に深く攻め込んでいた」と、長友のサイドが弱点となり、狙われていたと指摘している。

「トウット・スポルト」紙も長友に5点で、「守備の中心部を脆弱にして、ムリージョを窮地に追い込んだ」。コロンビア代表CBの足を引っ張るパフォーマンスだったと批判されている。

 長友はリーグ戦で6試合ぶりの先発出場となったが、ステファノ・ピオリ監督の信頼を失うような背信パフォーマンス。長友が主戦場としていたUEFAヨーロッパリーグで、インテルはよもやのグループステージ敗退となった。これにより、最古参のダイナモはベンチ要員に逆戻りとなるかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

トレンド

ランキング