インテル長友、次節ジェノア戦でリーグ戦6試合ぶりの先発か 現地紙は左ウイングバックと予想

先発となれば今季リーグ戦で4度目 このチャンスで自らの価値を証明できるか

 インテルの日本代表DF長友佑都が、11日の本拠地ジェノア戦でリーグ戦6試合ぶりの先発出場を果たす可能性が高まっている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

 インテルのステファノ・ピオリ監督は3-4-3システムを採用する見込み。長友は左のウイングバックでの先発が予想されている。長友は今季思うように出場機会を得られず、ベンチ要員と化しており、グループステージで敗退したUEFAヨーロッパリーグでの出場が主だった。

 欧州のカップ戦の試合がなくなった今、長友はインテルで最古参ながら人員整理のため、今冬にドイツやスペインクラブに放出される可能性が出てきたと、イタリアメディアは報じている。先発となれば今季リーグ戦で4度目となるが、このチャンスで自らの価値を証明できるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング