インテル長友、“カップ戦要員”から脱却できず… リーグ5戦連続の先発落ち予想

ピオリ新監督の下でもリーグ戦での先発起用はなし

 インテルの日本代表DF長友佑都は、2日に敵地で行われる第15節ナポリ戦でリーグ戦5試合連続の先発落ちとなる可能性が浮上している。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている

 長友はステファノ・ピオリ新監督の就任後、11月24日のUEFAヨーロッパリーグ敵地ハポエル・ベエルシェバ戦(2-3)でフル出場を果たしているが、リーグ戦での先発起用はない。カップ戦要員という位置付けだが、それはこのナポリ戦でも変わらなそうだ。

 インテルは4-2-3-1システムで右サイドバックにダンブロージオ、左サイドバックはアンサルディが先発と予想され、長友はベンチスタートとされている。

 今やインテル最古参となった長友だが、今季リーグ戦の出場がわずか5試合。先発は3試合のみと、苦しいシーズンを過ごしている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング