ミラン本田の今季残留を暗示!? スポンサーの新CMに主役級の扱いで登場

「TOYO TIRES」の新CMにロマニョーリ、アバーテ、ガブリエウと出演

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、今季第14節を終えたセリエAで先発出場わずか1試合、出場時間は3戦合計81分とキャリア最大の危機に立たされている。来年1月の移籍市場で放出される可能性もイタリアメディアで取り沙汰されるなか、ミラン公式スポンサーのCMでは主役級の扱いで登場している。

 11月30日に公開されたCMは、ミランのスポンサーを務める日本企業「TOYO TIRES」とのコラボ第三弾で、タイトルは「ACミラン対ドリフト・カーズ」。イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ、DFイニャツィオ・アバーテ、GKガブリエウとともに本田が闘牛場に登場。猛牛に見立てた連続ドリフトのスポーツカー2台を相手に、ミランの選手がパスをつないで翻弄していくという内容だ。

 本田はガブリエウとともに、終盤にヘリコプターのハシゴから颯爽と登場。リフティングとパスを披露しているが、客席にクラブレジェンドの元イタリア代表DFフランコ・バレージ氏も飛び入り参戦する内容となっている。

 2014年バージョンにはフィリッポ・インザーギ元監督、昨季バージョンにはシニシャ・ミハイロビッチ元監督も登場したが、今回ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は登場しなかった。

 本田はスポンサーCMで主役級の扱いで登場したことにより、来年1月も残留するのだろうか。モンテッラ監督の信頼をつかみ、ピッチ上でも主役級の活躍を見せたいところだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング