【W杯】「再びドーハの奇跡」 韓国代表、劇的逆転&総得点差のGL突破に母国紙も速報

韓国代表がグループリーグ突破で歓喜【写真:ロイター】
韓国代表がグループリーグ突破で歓喜【写真:ロイター】

後半アディショナルタイムにファン・ヒチャンが値千金の決勝ゴール

 韓国代表は現地時間12月2日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ最終戦、ポルトガル代表戦に2-1で勝利。同時刻にキックオフだったウルグアイ代表対ガーナ代表の結果を受け、総得点の差でウルグアイを上回って2位の座を掴み、決勝トーナメント進出を決めた。エースのFWソン・フンミンも号泣する歓喜の勝利に、母国紙も「再びドーハの奇跡」と伝えている。

 韓国は強豪ポルトガルを相手に勝利以外は突破の可能性がない状態でスタート。しかも前半5分に先制点を許してしまった。しかし前半27分に同点ゴールを奪うと、後半アディショナルタイムの突入直後にFWソン・フンミンのアシストからFWファン・ヒチャンが決勝ゴールを奪った。

 それでも、韓国のグループリーグ突破は別会場のウルグアイ代表とガーナ代表の結果次第に。韓国の試合終了時点で、ウルグアイが2-0でリードしていた。そのままのスコアなら、韓国とウルグアイは勝ち点4の得失点差0で並ぶが、総得点で韓国が上回って突破の状況だった。そして、ウルグアイがラストチャンスとなったフリーキック(FK)を決められずに試合が終わると、韓国は一気に喜びを爆発。選手たちは抱き合い、サポーターたちも大声援を送っていた。

 韓国紙「ソウル経済」は「再びドーハの奇跡。2-1の逆転勝利で韓国が劇的なベスト16進出」と見出しを打ち、「奇跡のような逆転勝利を起こした」と速報した。

 前日には、同じアジアの日本代表がスペイン代表を逆転で破ってグループ首位通過を果たし、大きな反響を呼んでいた。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド