大迫、原口、古橋、旗手が落選… W杯メンバー選考ポイント、森保監督「今のベスト」と意図説明

日本代表の森保監督【写真:徳原隆元】
日本代表の森保監督【写真:徳原隆元】

日本代表メンバー26名を発表、9月の欧州遠征メンバーが軸に

 日本代表の森保一監督は11月1日、今月20日に開幕するカタール・ワールドカップ(W杯)に向けた日本代表メンバー26名を発表した。9月に行ったドイツ遠征のメンバーが多くなっているが、負傷離脱中のDF板倉滉、FW浅野拓磨がメンバー入りした一方で、MF原口元気、MF旗手怜央、FW古橋亨梧、FW大迫勇也といった選手たちが外れている。

 メンバーを発表した森保監督は「発表した今も、難しい選択だなと思っております。先ほども話させていただきましたが、今回のW杯に臨むベストな選手を選択したと自信を持っていますが、このメンバーの中に入ってもおかしくない力のある選手たちは、まだまだたくさんいます。その選手たちのことを思うと、複雑な心境ですが、すべての選手たちの思いを持ち、来たるW杯で、全力で戦いたい気持ちになっています」と、コメントした。

 また、選択した背景については「これまでの活動、今の選手の置かれている状況、W杯での戦いを見通した時に総合的に考えて今のベストということで選考させていただきました。個のストロングを持ちつつも、チームとして気持ちをつなげることができる。連係、連動して戦うことができる組織力として、個の力を生かすことができる選手を選考させていただきました。また難しかったのは、すべてのポジションで先ほども話したとおりに、この26人に入っていてもおかしくない選手が本当に多くいる。そこで誰を選ぶかは、非常に難しさがありました」と、悩んだことを明かしている。

 大迫、古橋を外したことについて、森保監督は「今、名前の挙がった選手は、許されるのであれば招集したい。一緒にカタールの地で戦いたい選手たち。その力がある選手たちだと思います。選ぶ時に誰と誰をという比較をしないといけないところはあるが、比較できるものではない」と、力がなかったわけではないことを強調している。

 ドイツ、スペインというW杯の優勝国であり、今大会でも優勝候補に挙がっている相手ともグループリーグから対戦する森保ジャパン。浅野、前田の選出からも、前からプレッシングをかけていく戦い方がメインになっていくことが予想できるが、カタールの地でどのような戦いを見せてくれるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド