C大阪・小菊監督、ルヴァン決勝の痛恨プレーに「ダメージが大きかった」 惜敗に無念の思い「勝たせてあげられなかった」

C大阪の小菊監督が試合の分岐点を語った【写真:徳原隆元】
C大阪の小菊監督が試合の分岐点を語った【写真:徳原隆元】

「準備してきたことは発揮してくれた」 一時リードも後半の退場が分岐点に

 セレッソ大阪は10月22日のルヴァンカップ決勝で、サンフレッチェ広島を相手に後半アディショナルタイムに2失点して1-2の逆転負けを喫した。試合後に小菊昭雄監督は「ヨニッチの退場はダメージが大きかった」と、後半30分の出来事が痛恨だったと振り返った。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 C大阪は前半から効率的なゲーム運びを見せ、広島が高い位置からプレスにきたタイミングでは相手の背後を狙い、ブロックを作ったタイミングではうしろからつないで前進した。試合前時点で今季の公式戦は3戦3敗という相性の悪い相手だったが、「どのように圧力を掛けてくるか、どうかいくぐっていくか、相手の嫌なところを徹底するボールの動かし方や相手の嫌がるハイプレス、そうした攻守の準備してきたことは素晴らしく発揮してくれた」と選手たちのプレーを称えた。

 そうしたなかで後半7分には相手のボール回しをGKへのバックパスに追い込み、それをFW加藤陸次樹がカットして先制点も奪った。その後の時間帯には広島が少しボール支配率を高めたが、C大阪にも十分にカウンターから追加点を奪えそうな気配もあった。

 その状況を大きく変える出来事が後半30分だった。センターサークル付近でC大阪はDFマティ・ヨニッチが相手FWナッシム・ベン・カリファと競り合いになると、もつれあって倒れたあとにヨニッチの右手がベン・カリファの顔にヒットしてしまった。当初、山本雄大レフェリーはヨニッチにイエローカードを提示したが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言とオンフィールドレビューの結果、判定はレッドカードに変わった。

 そのため、10人になったC大阪は自陣で相手の攻撃を受け止めることに専念する展開になったが、後半アディショナルタイムにまずはコーナーキックから相手FWピエロス・ソティリウのヘディングシュートがDF鳥海晃司の腕にヒット。これも当初、山本レフェリーは「見えていなかった」というアクションの後にVARの進言でオンフィールドレビューとなり、PKの判定になった。これをソティリウに蹴り込まれて同点になった。

 そして、延長突入間際のアディショナルタイム11分には、再びコーナーキックからソティリウに合わせられて失点。1-2とされて力尽きた。小菊監督は「ヨニッチが退場して高さのところ、広島に対してリスタートやクロスへの対応が大事だと思っていた。ヨニッチの退場はダメージが大きかった」と、これがゲームの分岐点になったと話した。

 これでC大阪はルヴァンカップを2年連続の準優勝で終えた。よく整理されたチームを作り上げてきた指揮官は「タイトルを獲ること、エンブレムに星を刻むことは簡単なことではないと改めて実感している。この素晴らしい舞台にもう1度戻ってくることができて選手とスタッフに感謝の気持ちでいっぱい。私の力のなさで選手たちに勝たせてあげられなかった。悔しい気持ちでいっぱいです」と、無念の思いを語っていた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング