C大阪×広島のルヴァン杯決勝、膠着の展開で前半終了 両者譲らず0-0でハーフタイムへ 

セレッソ大阪とサンフレッチェ広島は前半を0-0で終了【写真:徳原隆元】
セレッソ大阪とサンフレッチェ広島は前半を0-0で終了【写真:徳原隆元】

第30回の記念大会決勝が国立競技場で開催、工藤壮人さんへの黙とうも実施

 国内3大タイトルの1つ、ルヴァン杯の決勝戦が10月22日に国立競技場で行われ、セレッソ大阪とサンフレッチェ広島の対戦は前半を0-0で折り返した。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 前身のヤマザキナビスコ杯から第30回の記念大会となった今大会は2017年以来の優勝を狙うC大阪と、準優勝2回で3度目の正直での初優勝を狙う広島が勝ち上がった。試合前には、昨日に亡くなった元日本代表FW工藤壮人さんへの黙とうも行われた。

 今季の公式戦では広島の3戦3勝の顔合わせだが、全体的に効率よくゲームを進めたのはC大阪だった。ハイプレスが持ち味の広島に対して上手く配置を取って局面を落ち着けながら、広島がラインを上げるタイミングで背後を狙い、逆に広島がラインを止めるか下げるタイミングでは手前を狙うメリハリある前進を見せた。

 そうしたなかでC大阪は前半4分には右サイドを切り崩したところからFW上門知樹が合わせるもシュートは枠外。直後にはペナルティーエリア内でFW加藤陸次樹が倒されて一度は山本雄大レフェリーがPKのホイッスルを吹いたが、その前のプレーでC大阪にオフサイドがあったことがオフサイドディレイとビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)のチェックで確認されてPKにはならなかった。

 その後は全体的にはC大阪が上手くゲームを運びつつも膠着した展開になり、0-0のまま前半を終了。後半に向け、選手交代も含めゲームの流れがどのように変わっていくのか注目される。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド