闘莉王「使ってみてもいい」 南野拓実の日本代表“起用法”を巡り緊急提言「誰が一番いいか」

日本代表で背番号10を背負う南野拓実【写真:Getty Images】
日本代表で背番号10を背負う南野拓実【写真:Getty Images】

南野拓実の起用法について持論を展開「1トップで勝負させるかどうか」

 フランス1部モナコの日本代表MF南野拓実が10月2日のナント戦で途中出場。4-1と勝利したなかで結果は残せずに終わった。9月27日の日本代表対エクアドル代表戦(0-0)ではトップ下で先発し、精彩を欠いた日本の背番号10の起用法について、元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏が緊急提言している。

 闘莉王氏のYouTubeチャンネル「闘莉王TV」の最新回は、日本代表と新天地モナコでも苦境の続く南野だった。

 カタール・ワールドカップ(W杯)に向けたメンバー選考前の最終テストの舞台となったエクアドル戦ではトップ下で起用されるも、緩いグラウンドの影響もありボールロストの場面が散見。代表で思うように結果を残せない期間が続き、南野の起用法は注目ポイントの1つになっていた。

「監督は正直にならないと予選突破できない。誰が一番いいか。左の三笘(薫)選手よりいいかというと良くない。右の伊東純也選手よりいいかと言われると良くない。真ん中で鎌田(大地)選手よりいいかというと……守備的にいくとしても、守田(英正)選手か、田中(碧)選手よりいいかというとそれより良くない」

 4-2-3-1、4-3-3において南野の起用を想定した闘莉王氏は、他の選手と比較しつつ、10番の置かれた状況に言及。それでもまだ残された道はあるという。

「使ってみてもいいかなと思うのは、エクアドル戦で試すかと思ったけれど……古橋(亨梧)選手と上田(綺世)選手がいなかったから試せなかったが、1トップにさせるとどうなのか? どうしても南野選手を使いたいのであれば、いまだにはっきりしない1トップで勝負させるかどうか」

 1トップはスタメンが定まっていないポジションの1つ。長らく起用されていたヴィッセル神戸FW大迫勇也は本調子とは言えず、9月の遠征メンバーからも外れていた。そんな1トップでの起用も一案と持論を展開。苦境に立つ南野の起用法に光明を見出そうとする最新回になっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング