日本×エクアドルの“ドロー劇”、スペインメディアが注目したポイントは? 「優れたテクニックが発揮された」

好セーブを披露したシュミット・ダニエルとエルナン・ガリンデス【写真:Getty Images】
好セーブを披露したシュミット・ダニエルとエルナン・ガリンデス【写真:Getty Images】

日本のシュミット、エクアドルのガリンデスのGK競演を高く評価

 日本代表は9月27日にドイツ・デュッセルドルフでエクアドルと国際親善試合を行い、0-0で引き分けた。南米予選を突破した相手のゲームをスペイン紙「マルカ」のコロンビア番がレポートし、日本のGKシュミット・ダニエルとエクアドルのGKエルナン・ガリンデスの競演が高く評価された。

 日本は23日のアメリカ戦を終えてからDF冨安健洋が所属のアーセナルの事情により離脱。試合中に負傷したGK権田修一もチームを離れているなかで、森保一監督はスタメン11人を総入れ替え。それでもシステムは4-2-3-1に据え置いて試合に臨んだ。

 その中でシュミットは、前回のアメリカ戦で権田が負傷交代した後半45分間に出場したところから連続のゲームになった。コーナーキックなどで際どいところにボールを入れてくる相手に冷静に対応し、後半にはエネル・バレンシアのヘディングシュートをセーブする好プレーもあった。そして最大のハイライトは、後半35分過ぎにDF谷口彰悟のファウルで与えたPKを見事にストップした場面だった。

 一方で日本の攻撃も前半に敵陣でのボール奪取から放ったFW古橋亨梧のシュートや、後半にペナルティーエリア内から放たれたMF堂安律のシュートがガリンデスに好セーブされた。いずれも決まっていてもおかしくない場面だった。

 それだけにレポートでは試合全体を「両チームの特徴である積極性、勤勉さ、ダイナミクス、優れたテクニックが発揮された」としたうえで「勝利を目指して全力を尽くしたが、無得点の引き分けに甘んじなければならなかった。両チームとも少なくとも4回の得点チャンスを作ったが、エクアドルのエルナン・ガリンデス、日本のシュミット・ダニエルの好セーブによるものだった」と、両GKがクローズアップされた。

 権田の離脱によりカタール・ワールドカップ(W杯)直前に大きなチャンスを得たシュミットだが、そのプレーは日本選手の中でも脚光を浴びるものになっている。

今、あなたにオススメ

トレンド