「めちゃ良いサッカーしてた」 J1札幌を“ジャイキリ未遂”、桐蔭横浜大の健闘に喝采の嵐「強かった!」

桐蔭横浜大学が札幌相手に大健闘(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
桐蔭横浜大学が札幌相手に大健闘(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

前半2点先行、最後まで追い詰めるも3-4のスコアで力尽きる

 第102回・天皇杯2回戦のJ1北海道コンサドーレ札幌対桐蔭横浜大学(神奈川代表)は6月8日、札幌厚別公園競技場で行われ、札幌が延長戦までもつれ込む一戦を4-3で制し、順当勝ちした。惜しくも勝利とはならずも、桐蔭横浜大の大健闘ぶりにSNS上では喝采の声が上がっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 J3のSC相模原を下して神奈川県代表の座を勝ち取った桐蔭横浜大は、J1札幌相手に堂々の戦いを見せた。FW興梠慎三、MF小野伸二、MFドウグラス・オリヴェイラらをスタメン起用した相手に対し、前半18分、23分とFW白輪地敬大が立て続けにゴールを奪い、前半を2点リードで折り返す。

 後半、札幌に意地を見せられMF金子拓郎、MF青木亮太の得点で振り出しに戻されるも、同44分にFW寺沼星文が値千金の勝ち越しゴールを奪取。これで勝負あったかと思われたが、同アディショナルタイムに同点ゴールを許すと、延長後半6分にも失点し、3-4のスコアで力尽きた。

 わずかのところで“ジャイアントキリング”を阻止された形となったが、J1クラブを追い詰めた戦いぶりに、SNS上では「めちゃくちゃ良いサッカーしてた」「強かった!」「素晴らしかった」といった喝采の声が相次いで寄せられていた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング