負傷者”攻撃”、髪わし掴み、頭突きの暴挙連発 アトレティコDF、乱闘呼ぶラフプレーに海外驚嘆「醜い瞬間」

シティ戦に出場したDFステファン・サビッチ【写真:Getty Images】
シティ戦に出場したDFステファン・サビッチ【写真:Getty Images】

アトレティコDFサビッチがフォーデンを強引に起こそうとしたことが引き金に乱闘へ

 スペイン1部アトレティコ・マドリードは、現地時間4月13日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦でイングランド1部マンチェスター・シティに0-0で引き分け、2戦合計スコア0-1でベスト8敗退となった。試合終盤には両チームの選手による乱闘が起き、「カオス」の瞬間に海外メディアが注目している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 敵地での第1戦で0-1と敗れたアトレティコは、本拠地ワンダ・メトロポリターノでの第2戦で逆転突破を期したが、ポルトガル代表FWジョアン・フェリックスやフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンら主力がゴールを奪えず、スコアレスのままタイムアップ。2戦合計スコア0-1で敗退が決まった。

 試合結果以上に注目を集めたのが、終盤の騒動だ。後半44分、アトレティコのブラジル代表DFフェリペがシティのイングランド代表MFフィル・フォーデンにタックルを仕掛け、交わされた背後から左足でキックを見舞ってファウル。2枚目のイエローカードで退場となったが、これが計20人がやり合う乱闘の引き金となった。

 そのなかで、アトレティコのモンテネグロ代表DFステファン・サビッチは、倒れたシティのフォーデンを引き起こそうとし、さらにベンチメンバーのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュのうしろ髪を引っ張る暴挙に。もみ合いのなかで、サビッチがシティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングに頭突きを入れる瞬間も捉えられている。

 それでも、サビッチはイエローカードを提示されたのみにとどまり、英メディア「GIVE ME SPORT」は「アトレティコvsマン・シティ:ステファン・サビッチがジャック・グリーリッシュとやり合うカオス」と見出しを打ち、「ワンダの醜い瞬間」と乱闘の様子を伝えていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング