湘南GK谷晃生、「難攻不落」なプレーに期待 「驚異的な身体能力」「そろそろ代表でプレーさせて」

湘南GK谷晃生【写真:Getty Images】
湘南GK谷晃生【写真:Getty Images】

今季はこれまで5試合に出場、3月の2連戦で代表選出

 J1湘南ベルマーレは3月19日にJ1リーグ戦第5節で鹿島アントラーズと対戦し、1-2で敗戦。開幕から5試合勝利がなく最下位に沈んでいる。そんななか、Jリーグ公式ツイッターがガンバ大阪からレンタル移籍中で、3月の日本代表メンバーに選出されたGK谷晃生のプレー集を公開し、エールを送っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 21歳の谷は2018年にガンバ大阪の下部組織からトップチームへ昇格。20年から湘南でプレーし、昨季はリーグ戦34試合でゴールマウスを守るなど正守護神として大きく成長を遂げた。今季も湘南に残留し、リーグ開幕から5試合連続フル出場でゴールを守っている。

 昨夏には、U-24日本代表として東京五輪に出場。グループリーグから全6試合でゴールマウスを守り、昨年9月に初選出となったA代表でのプレーも期待されている。

 Jリーグ公式ツイッターが「190㎝と恵まれた体格と、驚異的な身体能力を活かしたプレーに注目です」とコメントを添えてプレー集を公開。「そろそろ代表でプレイさせてくれません??」「難攻不落」「守護神頼んだぞ」などコメントが届き、代表戦での出場を期待する声も挙がっていた。

 現在のA代表では、33歳の清水エスパルスGK権田修一が正GKとして出場。ベンチには39歳のGK川島永嗣(ストラスブール/フランス)も控えており、21歳の若き守護神がポジション争いに食い込んでいけるのか注目だ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング