“来日10年”G大阪FWパトリックが明かす異文化への戸惑い、親近感、日本人の心 「2番目の故郷ではなく、一番のホーム」

パトリックは来日10年目のシーズンを迎えた【写真:ガンバ大阪提供】
パトリックは来日10年目のシーズンを迎えた【写真:ガンバ大阪提供】

【独占インタビュー#1】2013年の来日当初は「言語の違い」と未知の「雪」に戸惑い

 ガンバ大阪のブラジル人FWパトリックは、2013年の初来日から10年目のシーズンを迎えた。現在、Jリーグに所属する外国籍選手の中では、セレッソ大阪の韓国代表GKキム・ジンヒョンの14年目、柏のブラジル人FWドウグラスの11年目に次ぎ、横浜F・マリノスのブラジル人DFエドゥアルド、名古屋グランパスのブラジル人MFレオ・シルバ、V・ファーレン長崎のブラジル人FWクリスティアーノ、サガン鳥栖の元韓国代表DFファン・ソッコと並び、3番目に長く日本でプレーしていることになる。日本への帰化も視野に入れるパトリックは、何にそこまで心を奪われるのか。(取材・文=FOOTBALL ZONE編集部・小田智史/全3回の1回目)

   ◇   ◇   ◇

 パトリックは、大西洋に面した州の中ではブラジル最北端にあるアマパー州の州都マカパーの生まれ。2007年のブロデビュー後、名門ヴァスコ・ダ・ガマなど10クラブ以上を渡り歩き、13年2月にアトレチコ・ゴイアニエンセから川崎フロンターレへの期限付き移籍でJリーグ挑戦の扉を開くことになった。自身初の国外移籍に少なからず戸惑いはあったが、日本人との触れ合いが勇気を与えてくれたと振り返る。

「最初は、言葉の違い、寒さ、今まで見たことがなかった雪にインパクトを受けたのを覚えています。ただ、実際に日本人の方と触れ合うことによって、距離がすごく縮まったように感じます。それは日本人の方がすごく親切で、自分のことのように僕の世話やサポートをしてくれて、親近感が湧きました」

 サンバの国ブラジルと言えば、人々は明るく陽気なキャラクターで知られている。パトリックの目には、日本人は慎重に関係を育んでいく傾向があると映ったという。

「ブラジル人は初めて会った人でも冗談を言って笑えるような感じで、思ったことをそのまま口にします。逆に、日本人の方はまずは冗談を言える関係を築いてから始まる。一旦自分の中で整理するというか、言うべきか、言わないべきか、考えてから言葉を発すると思います。ブラジル人が持っている熱い気持ち、情熱はもう少しあってもいいのかなとも思ったりすることもありますが、そうすると日本人らしさが失われてしまうかもしれないので、どちらがいいとは言い切れないですよね(苦笑)」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング