「奇妙で真の天才」 高校サッカー珍FKが反響…”5人手つなぎ回転“プレーに海外衝撃

トリッキーなFKを見せた高川学園【写真提供:オフィシャルサポート】
トリッキーなFKを見せた高川学園【写真提供:オフィシャルサポート】

高川学園が星稜戦で相手を翻弄するトリックプレーを披露し話題

 第100回全国高校サッカー選手権が12月29日に開幕したなか、高川学園高(山口)が星稜高(石川)との一戦で見せたトリッキーなFKが話題に。この場面について海外メディアも「とても奇妙で真の天才」と注目している。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 話題となっているのは、前半8分のFKシーン。敵陣右サイド深い場所でセットプレーのチャンスを得ると、キッカーがボールを蹴る前にペナルティーエリア内で5選手が手をつなぎながら輪になって回転。助走を始めるタイミングとほぼ同時に輪をほどき、5選手が散らばるとMF林晴己(3年)がヘディングでゴールネットを揺らした。

 相手守備陣を翻弄したトリッキーなFKに海外メディアも注目。英メディア「GIVE ME SPORT」は「近年、日本のユース年代のトリックFKは奇妙で、世界中で瞬く間に拡散されている」と取り上げ、「このトリックFKはとても奇妙で真の天才だ」と称賛している。

 星稜を4-2で下した高川学園は、31日の2回戦で岡山学芸館高(岡山)と対戦。セットプレー時には、このトリックプレーが再注目を浴びそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド