名古屋とC大阪のルヴァン杯決勝、0-0のまま後半へ どの時間帯から勝負に出るか注目

名古屋グランパスとセレッソ大阪の決勝戦は両者譲らない展開で後半へ【写真:Getty Images】
名古屋グランパスとセレッソ大阪の決勝戦は両者譲らない展開で後半へ【写真:Getty Images】

前半は名古屋がサイドを起点にゴール前へ入り込む場面も

 国内三大タイトルの一つ、ルヴァン杯は30日に埼玉スタジアムで決勝が行われ、名古屋グランパスとセレッソ大阪の一戦は0-0のまま前半を終えてハーフタイムに入った。

 名古屋は下部組織から育ったクラブと古巣対決のFW柿谷曜一朗が前線でスタメン出場。ストライカーのFWヤクブ・シュヴィルツォクやFW金崎夢生をベンチスタートにし、切り札として控えさせた。一方のC大阪はMF乾貴士らの主力がスタメンに並び、MF清武弘嗣やFW大久保嘉人がベンチに控えた。

 立ち上がりから全体的にC大阪が後方からビルドアップしてボールを持つ時間が長い展開になった。左サイドのDF丸橋祐介が高い位置を取り、MF原川力や乾が低い位置からボールを引き出しながら前進し、名古屋は自陣で待ち構える形になった。

 一方でC大阪はゴール前でチャンスを作り出す回数は増やせず、逆に名古屋は回数こそ少ないながらもサイドに張った選手を起点に前進し、右サイドのFWマテウスやFW前田直輝が絡みながらゴール前に入り込む場面を作った。

 両軍とも決定機と呼べるほどの形は作り出せず、0-0のままハーフタイムを迎えた。後半、交代選手の起用法なども含めて、どの時間帯から勝負に出るかも注目される。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング