ママの顔にほっこり…米美人FWモーガン、愛娘との“シンクロショット”に反響「可愛い」

アメリカ女子代表FWアレックス・モーガン【写真:Getty Images】
アメリカ女子代表FWアレックス・モーガン【写真:Getty Images】

長女チャーリー・エレナ・カラスコちゃんが母親モーガンの表情を真似る写真をアップ

 アメリカ女子代表FWアレックス・モーガン(オーランド・プライド)は東京五輪での戦いを終え、インスタグランムで“母親の顔”を覗かせ、観る者をほっこりさせている。

 2012年のロンドン五輪優勝、15年の女子ワールドカップ優勝を経験するなど、アメリカ女子サッカー界を牽引してきたモーガンは、2020年5月7日に第一子となる長女の「チャーリー・エレナ・カラスコ」ちゃんを出産。新型コロナウイルスによる東京五輪の1年延期により、結果的に4年に一度の祭典に母親としてピッチに立つことが叶った。

 家族をアメリカに残し、東京五輪に臨んだモーガンは大会で6試合1得点を記録。“ママでも金”こそ逃したが、銅メダルを獲得した。

 すでに帰国したモーガンは、まだオーランド・プライドの試合には出場しておらず、SNSでは家族との写真を複数アップ。26日には、「何も考えずに見たままをやってみる」と綴り、自身の表情を真似る長女のかわいい姿を公開すると、海外ファンからは「ママのようにゴージャス」「とても可愛い」といった声が上がり、なでしこジャパン(日本女子代表)のFW岩渕真奈(アーセナル)も「いいね!」で反応していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング