「劇的な変貌」 元リバプールFWの“急変した容姿”に英紙騒然「認識できない」

かつてリバプールでプレーをしたFWディルク・カイト【写真:Getty Images】
かつてリバプールでプレーをしたFWディルク・カイト【写真:Getty Images】

番組に出演した元オランダ代表FWカイト氏が話題に「40歳にして…」

 元オランダ代表FWディルク・カイト氏は現役時代にリバプールなどで活躍し、現在はフェイエノールトのユースチームで指揮している。そんななかオランダの番組に出演したカイトの“劇的な変貌”を、英メディアは「新ルックスで唖然とさせた」「劇的な変貌」と大々的に取り上げている。

 現役時代、フェイエノールトで名を馳せたカイト氏は2006年にリバプールへと移籍。主力として輝きを放ち、オランダ代表でも活躍した。その後フェネルバフチェを経て、15年に古巣フェイエノールトに復帰し、17年に現役を引退した。現在は同クラブのユースチームを指揮しており、将来のトップチーム昇格も期待されている。

 そんななか、カイト氏はオランダ放送局「Ziggo Sport」の番組に出演したが、その際の容姿の変化が話題を呼んでいる。トレードマークだった巻き毛のブロンドヘアーはそこにはなく、やややつれた表情で無精髭を生やした姿となっていたが、英メディアも一変したルックスにスポットライトを当てている。

 英紙「ザ・サン」は「元リバプールのスターが象徴的な金髪の巻き毛を捨て去り、40歳にして急変した容姿でファンを唖然とさせた」と見出しを打つと、英紙「デイリー・スター」も「劇的な変貌でファンを驚かせた」と大々的に取り上げ、「ほとんど認識できない」と指摘。あまりのイメチェンに、イングランドでも困惑の声が噴出しているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド