「リプレーを見る必要はない」 レアル主将ラモス、“疑惑のハンド未遂”をスペイン紙指摘

レアル・マドリードでプレーするDFセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】
レアル・マドリードでプレーするDFセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】

後半36分、武藤のヘッドがラモスの肘に当たるも、ノーファウル判定

 レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、現地時間20日に行われたリーガ・エスパニョーラ第14節エイバル戦(3-1)で、相手FW武藤嘉紀のヘディングが肘に当たるシーンがあった。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末にPK献上とはならなかったが、スペインメディアは「ラモスの肘:証拠とバツの悪さ」と報じている。

 レアルは前半6分、ブラジル代表FWロドリゴのパスに抜け出した元フランス代表FWカリム・ベンゼマが絶妙なトラップから左足シュートでネットを揺らして先制。同13分には、ベンゼマの個人技からクロアチア代表MFルカ・モドリッチが豪快なシュートを突き刺し、追加点を奪った。

 前半28分に1点を返され、1ゴール差で迎えた後半36分だった。サイドからのクロスをファーサイドへ走り込んだエイバルFW武藤が頭で合わせると、ボールはラモスの右肘に当たってシュートを阻止する格好となった。

 ペナルティーエリア内でのプレーで、ハンドの反則があればPKとなる場面なだけにすぐにプレーが止まり、VARによる確認が入った。しかし、判定はノーファウルとなり、エイバルにPKは与えられなかった。

 試合後、エイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督は「私にはPKのように見えた。ラモスもペナルティーだと思っていたはずだ。彼はウチの選手たちと話をしていたからね」と話していたが、スペイン紙「マルカ」は「セルヒオ・ラモスの肘:証拠とバツの悪さ」との見出しでレポートしている。

「何が起こったかを知るためにリプレーを見る必要はなかった。それがPKであるべきだとリアルタイムですでに明確だったからだ。サッカーに関わっている人間でさえ、ハンドがPKである場合とそうでない場合を知らないことが浮き彫りになった」

 スペイン現地の論調的にも、ラモスのハンドだったとの見方が強いようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング