「おめでとう、ティキ・タカ」 レアル中井、17歳の誕生日を同僚が思い出2ショットで祝福

レアル・マドリードの下部組織に所属するMF中井卓大【写真:松岡 健三郎】
レアル・マドリードの下部組織に所属するMF中井卓大【写真:松岡 健三郎】

カンテラでともに戦ってきたDFデ・ラ・ビボラとMFイグレシアスがメッセージ

 スペインの名門レアル・マドリードの下部組織に在籍するMF中井卓大は、10月24日に17歳の誕生日を迎えた。トップチームの練習に参加して以降注目を集める日本人MFに対し、カンテラでともに時間を過ごしてきた仲間から祝福のメッセージが届いている。

 “ピピ”の愛称で知られている中井は、2013年に9歳でレアルの下部組織に入団。加入後から順調に昇格し、今季からフベニールB(U-18相当)に所属しているが、今年8月に開催されたフベニールA(U-19相当)の選手が出場するUEFAユースリーグに“飛び級”で登録されている。

 10月の国際Aマッチウィーク中、レアルは代表選手が多く在籍するためトップチームの人員が不足。それに伴い、ジネディーヌ・ジダン監督は中井をトップチームのトレーニングに招集し、ブラジル代表DFマルセロや元フランス代表FWカリム・ベンゼマらも参加したゲーム形式の練習映像はスペイン紙「AS」などを中心に多くのメディアに取り上げられた。

 中井が10月24日に17歳の誕生日を迎えたなか、同じフベニールB所属の17歳DFダビド・デ・ラ・ビボラは「おめでとう兄弟。この先とずっと日本人へ」と祝福。2019年にカデーテA(U-16相当)でリーグ優勝した際の同僚で、現在は一つ上のフベニールA(U-19相当)に所属する攻撃的MFブルーノ・イグレシアスも「おめでとう、ティキ・タカ。もう長い間一緒にいるね」と綴り、ボール捌きに長けた中井のことを“ティキ・タカ”と称してメッセージを送っている。

 トップチームを指揮するジダン監督、カスティージャ(Bチーム)を率いる元スペイン代表FWラウール・ゴンサレンス監督も気に留める存在であると言われる中井。17歳の1年でどのような飛躍を遂げるのか、期待は高まるばかりだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング