マンC、来夏メッシ獲得に動く? 「例外的な選手」への資金準備は可能と幹部が明言

今季バルセロナで戦っているFWリオネル・メッシ【写真:AP】
今季バルセロナで戦っているFWリオネル・メッシ【写真:AP】

ベラーダCOOがメッシ獲得の可能性に言及 「世界中のチームが…」

 マンチェスター・シティのオマール・ベラーダ最高執行責任者(COO)は、来夏に再びバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ獲得の機会があれば、資金面で準備ができるだろうと語った。英紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 この夏、2004年のトップチームデビューから15年以上にわたってバルセロナ一筋でプレーしてきたメッシの退団の可能性が浮上し、大きな注目を浴びた。最終的には残留することで終息した退団騒動だが、その間に複数クラブが新天地候補に挙げられ、なかでも最有力と見られていたのがバルサで師弟関係にあったジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティだった。

 ベラーダ氏はメッシについて、「彼は素晴らしい才能の持ち主で、世界中どのクラブでも、ピッチの上でも外でも重要なインパクトを与えられる。世界最高の選手で、同世代のなかでもトッププレーヤー。世界中のチームが彼を獲得できる可能性を模索したいと考えると思うよ」と自身の印象を明かした。

 メッシは今夏バルセロナに残留し、違約金は7億ユーロ(約874億円)とされているが、契約期間は2021年6月までとなっている。メッシ側が契約延長に応じない限り、来夏には“ゼロ円移籍”の可能性も出てくるが、ベラーダ氏は「何が起きるかを予想するのは難しい。ここ2週間にバルセロナで起きていたことを振り返れば、来夏に何が起きるのかを予想するのはほぼ不可能だ」としたうえで、次のように続けている。

「メッシはこの世代最高のタレントで、世界最高の選手。そしておそらく、我々が普段とは異なる投資を行う可能性のある例外的な選手だ。すべてのポジションのために準備をしておかなければならないが、それと同時に、もし必要となれば、(ストライカーへの)投資をするための財務力とシステムを持っていると考えている。世界最高のストライカーの1人であるセルヒオ(・アグエロ)とガブリエル(・ジェズス)を擁しており、彼らが今、非常に良い活躍をしてくれているので焦ってはいない。だが、来季かその次かは分からないが、もし新たに誰かを加えようと決断した時には、我々は適切な金額を用意できることだろう」

 まだ今シーズンが始まったばかりだが、果たして来夏にメッシの去就はどのような形で決着を見ているのか。世界最高の選手を巡る動きから目が離せない。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」